摩周湖カムイテラス 2022年夏オープン予定のお知らせ

日本一の透明度を誇る摩周湖、天空の星空を眺める
ビュースポット「摩周湖カムイテラス」が2022年夏に誕生

北海道 阿寒摩周国立公園を代表する景勝地の摩周湖(キンタン・カムイ・トー:アイヌ語で「山の神の湖」の意)は、世界でも有数の透明度が創り出す摩周ブルーと呼ばれる吸い込まれる湖面の青さ、中央に浮かぶカムイシュ島、幻想的な霧や湖と共に神の山(カムイヌプリ)と奉られてきた摩周岳の景観が相まって「神秘の湖」として人気の観光・パワースポットとなっています。
この度、摩周湖レストハウスの改修を実施し、施設屋上に新たなビュースポット「摩周湖カムイテラス」を2022年夏にオープン予定であることをお知らせいたします。

◆テラスからは、ゆっくりと摩周湖、摩周岳や遠くに斜里岳を一望
◆夜は星を眺める自然のプラネタリウムへ

※イメージ

摩周湖カムイテラスは、日本一の透明度を誇る摩周湖の外輪山に位置し、晴れた日はテラスからは、摩周湖、摩周岳、遠くに斜里岳を一望できます。日中帯以外にも条件があえば早朝の雲海、夜は360度パノラマが開けた自然のプラネタリウムとして、漆黒の夜空に星々を眺めることができます。また冬季は外輪山の木々が氷で覆われる樹氷や摩周湖の結氷が観られることも。摩周湖カムイテラスは時間や季節を通して、色に富んだ「MASHU COLOR」をゆっくり楽しむことができるビュースポットです。

◆摩周湖カムイテラスは時間帯や季節により移り変わる「MASHU COLOR」を楽しめるスポット

※掲載画像は全てイメージとなります。情報は、2022年4月現在のものであり、予告なく変更となる場合があります。
※テラスのオープン時期などの詳細はあらためてお知らせ予定です。